みなし弁済-意味・解説


トップページ>みなし弁済
みなし弁済
みなし弁済とは、利息制限法の上限金利を超える金利を合法とする例外規定のことです。 利息制限法では、その上限を超えて支払った利息について、それが債務者の自由意志で支払ったと認められる場合には、出資法上限金利(29.2%)までは合法と認めるという例外規定を定めています。これを「みなし弁済」規定といいます。

ネットローンガイド
クレジットカードガイド
リンク集

フラット35ネットキャッシングネットバンクFX取引CFD取引
ETCカード 比較マイレージレンタルサーバー 比較美容整形