変動型金利-意味・解説


トップページ>変動型金利
変動型金利
変動型金利とは、市場金利の動向によって、返済途中で金利が変動する金利設定のことです。年に2回金利が見直され、返済額の変更は5年に1度行われます。(返済額が増えても最大25%以内)金利が年に2回見直されるため金利が下がっている時には金利が抑えられますが、反対に金利が上昇した場合は返済金額は5年間見直されないため上昇した金利に元金が組み込まれ、月あたりの返済金額が予定よりも高くなる可能性もあります。

ネットローンガイド
クレジットカードガイド
リンク集

フラット35ネットキャッシングネットバンクFX取引CFD取引
ETCカード 比較マイレージレンタルサーバー 比較美容整形